使い方

一般設定

一般設定
1
2
3
4
5
6
7
8
9
1.OS起動時に起動する Windows起動時にRadikoolを起動します
2.Radikoolが異常終了した場合、自動で再起動する RadikoolWatcher.exeがバックグラウンドで起動し、
エラーなどで異常終了した際、Radikoolを再起動させます
3.radiko再生時の使用ポート radiko再生時に使用するrtmpgw.exeが使用するポートを指定します
http://127.0.0.1:10000を別のシステムなどで使用していなければ、通常は変更する必要はありません
4.前回終了時の放送局を選局し、再生する 最後に選局した放送局を起動時に再生します
5.最小化して起動する Radikoolを最小化した状態で起動します
6.最新バージョンか確認する 起動時に最新バージョンか確認し、アップデート可能であれば通知します
7.番組表ダブルクリックの挙動 番組表をダブルクリックで予約作成か、その放送局を選局するか挙動を設定します
8.外部アプリで再生する 録音ファイルをRadikoolではなく、指定したアプリで再生します
9.番組表更新タイミング 番組表を更新するタイミングを指定します
なお、この設定にかかわらずその日初めて起動した際に常に番組表を更新します